サノスが最強なんじゃない 6つのインフィニティストーンが最強なんだ

アベンジャーズインフィニティウォー予告編

MCUの集大成、第19作目となる『アベンジャーズインフィニティウォー』。

サノス勝利で終わったマーベル史上最大の戦いは、これからどう決着するのでしょうか。

この映画の核となるのは、最強ヴィランのサノスが手に入れた6つの異なるエネルギーを持つインフィニティーストーンではないでしょうか。

このストーンのエネルギーの力で、MCUのヒーロー達はおろか全宇宙を巻き込んでの絶望を招いてしまったのだから、このインフィニティストーンなしではこの映画は語れないはずです。

サノスはインフィニティガントレット(ストーンらを格納するグローブのようなもの)


出典 https://www.frc-watashi.info/hottoys-movie-masterpiace-infinitygauntlet

を手にしたその力といったら最強です。

確かに、肉体的にはハルク同等、いや、そんなものじゃない、それ以上のパワーを持つ超人が来てもかなわないほどのパワーを持ち合わせてる訳なので、サノスは単体でも現時点では一応宇宙最強なのでしょう。

しかし、それでも今回のように宇宙全土にはびこるほどの恐怖は味わったことがないわけですから、それを成し遂げたこのインフィニティストーンらはやはり最強なのです。

個人的には、ただ単に、もし最強サノスにアベンジャーズ達が6つのストーンを集め立ち向かうというドラゴンボールのパクリのようなストーリーだとしたらどうなってたかな?

なんて考えてもみましたが、結局サノスが中心に描かれた映画で終わった今回の作品です。

スポンサーリンク


サノスとは何者?その目的とは


出典 https://chicosia.com/avengers-endgame-thanos/

インフィニティストーンは最強のストーン。ではなぜこの最強ストーンらを集めてまでサノスは宇宙に利己的な平和をもたらそうとしたのでしょうか。

というかこのサノスって一体何者?

ということでまずはサノスの説明をします。

サノスはタイタン人です。

故郷のタイタン星が人口増加で滅亡の危機に瀕した時、半数の人間を無造作に殺すことを主張して狂人を呼ばれます。

それ以来、星を次々と侵略し住民を虐殺するという行為を繰り返しました。

タイタンの滅亡を止められなかったことから、宇宙のバランスを保つためにはすべての生命を半分にしなければならないという信念を持つに至ります。

なんか偏った信念ではありますが、彼なりの正義というものを貫いていることは事実。

その手段として、インフィニティガントレットに6つのインフィニティストーンをそろえて最強のパワーを持とうとしたのです

しかしサノスはこの映画のみでこのストーン強奪計画を強行していたわけではなく、実はこれまでのMCU作品での黒幕として活動していました。

ロキとチタウリ軍を使ってニューヨーク襲撃

サノスは、あのMCUシリーズ第6作目の『アベンジャーズ』で、ロキにチタウリ軍団を指揮させて地球を襲わせました。あのニューヨーク決戦です。

ロキに、マインドストーンの入った杖を与えスペースストーンを奪わせましたが、その時はサノスの手には渡りませんでした。マインドストーンもしかり。

クリー人のロナンにパワーストーンを奪わせる

MCUシリーズ第10作目の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』では、ロナンにオーブ(パワーストーン)を奪わせました。

惑星モグラで育ったクイルが、オーブを盗み出そうとしたところ、同じくそれを狙うクリー人のテロリスト、ロナンの部下のハンターコラスと遭遇するというオープニングからギャラクシーは幕を開けました。

で、このパワーストーンをちゃっかり強奪していたサノスは、ソーの母国アスガルドの民を全滅させハルクにも力勝ちしてたんです。

そう、黒幕はすべてサノスでした。

そんな訳で今回は、この最強サノスが欲しがり手に入れたインフィニティストーンをサノスが奪うまでの経緯を交えながら解説します。

※ 尚、ネタバレがはいりますのでご注意ください!

まずはインフィニティウォーのあらすじをざっくりと


出典 https://front-row.jp/_ct/17164208

地球を守り戦ってきたヒーローチーム・アベンジャーズに、最大の危機が訪れる。

宇宙の均衡を保つため生命の半分を消すという歪んだ暴君サノスが、無限の力を持つ6つのインフィニティストーンを奪うべく動き出した。

まずとっくにパワーストーンを手に入れたサノスは、アスガルドの避難民船を襲い、スペースストーンを奪う。ロキは倒され、傷ついたソーは宇宙を漂う。

ブルース・バナー(ハルク)から危機を知らされた地球のアイアンマンことトニースターク、ドクターストレンジの前には、サノスの配下が現れて、ストレンジはサノスの宇宙船に囚われる。囚われたストレンジを救ったアイアンマンスパイダーマンは、サノスの故郷タイタンに進路をとった。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーに救われたソーは、サノスを倒す武器を求めてニダベリアに向かう。そこでソーはストームブレーカーという最強の武器を手に入れる。

ノーウェアーに急行したガーディアンズだが、すでにリアリティストーンはサノスの手にあった。そしてガモーラも連れ去られてしまう。

ガモーラの口からソウルストーンの在りかを聞き出したサノスは、惑星ヴォーミアで生贄として彼女の命を犠牲にしてソウルストーンを得た。

一方、ヴィジョンとスカーレット・ウィッチの危機を救ったキャプテン・アメリカとブラックウィドウら。ヴィジョンに格納されてるマインドストーン防衛のため、ブラックパンサーの治めるワカンダへ向かう。

タイタン星でガーディアンズと合流したアイアンマン達は、サノスとの決戦を迎える。

一度は追い詰めたものの、ストーンの力を振るうサノスの前に敗れ、なんとストレンジまでもアイアンマンの危機にあっさりタイムストーンをサノスに渡してしまう。

1400万506通りもの未来を垣間見て唯一勝利を確信したにもかかわらずタイムストーンを渡したのだ・・。

最後の防衛戦となったワカンダで、ヒーロー達は決死の戦いをするが、現れたサノスに最後のストーンのマインドストーンを奪われてしまう。

新たな武器、ストームブレーカーを得たソーの一撃によって形勢は逆転したかに見えたのだが、サノスがガントレットにすべてのストーンをはめ指パッチンした瞬間・・・

人類、そして全ての生命の半分が消滅した・・

この映画の核となるインフィニティストーンの説明


出典 https://twitter.com/frc_watashi_ame/status/970473809781248000

6つすべてが揃ったとき、宇宙の生命の半分が消える。

なんかドラゴンボールのようですよね。

宇宙誕生以前から存在して、宇宙の大爆発(ビックバン)によって残骸となったエネルギー物質達が、6つのエネルギーの結晶へと姿を変えたものがインフィニティストーンです。

この色取り取りの6つの結晶は、それぞれが異なるパワーを持っていて、このインフィニティ・ストーンを意のままに操れるのは、並外れた力を持つ者のみ。

なのでサノスは並外れたパワーを持ってることになります。

ではこのインフィニティ・ストーン達の特徴はどんなものなのでしょうか。これを知ると『アベンジャーズインフィニティウォー』を見る上でとても役に立ちますので必見です。

インフィニティストーンの紹介

スペース・ストーン(カラーはブルー)


出典 https://hushigikun.com/mcu-space-stone/

スペースストーンはどんなパワーを持っているのか

このスペース・ストーンは、立方体型のアイテム「四次元キューブ」に収められてました。

これが四次元キューブ(この中にスペースストーンがある)


出典 https://twitter.com/amecomilife/status/827752463046373376

この四次元キューブは、異次元への扉であるワームホールを作り出して、色々な場所に瞬間的に移動が可能です。

もし、このスペースストーンが使えたら、ドラえもんのどこでもドアのように色々な国へ瞬間移動して日帰り旅行なんてしてみたいですね。

このスペースストーンが最終的にサノスに奪われるまでの経緯

『マイティー・ソー』の冒頭で北欧神話が語られている場面でルーツが語られます。

ルーツの内容

ヨトゥンヘイムから氷の巨人が地球に攻撃を仕掛けた時、

神の国アスガルドの王だったソーの父親のオーディンは地球を助け、

そこに四次元キューブを残した・・。

そして月日は流れ・・そんな地球では第二次世界大戦を勃発させていました。

このスペースストーンが最初に登場したのが、MCU第5作目の『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』です。

その後、四次元キューブは長らくノルウェーの教会に保管されていました。

そしてその世界大戦中に「四次元キューブ」の存在を知り、その中に納められたスペース・ストーンの圧倒的パワーに見せられた悪の組織ヒドラのエージェントのレッドスカル

彼はそれを使って世界征服を目論みました。

まだ化け物になる前のレッドスカル


出典 https://www.buzzfeed.com/jp/ryanhatesthis/loki-is-gonna-die-in-like-the-first-10-min-of-infinity-war-1

そして化け物になった後のレッドスカル


出典 amekomisokuho.blog.jp/455425.html

しかし、キャプテン・アメリカとのバトルの末、レッドスカルは異次元の彼方に吹き飛ばされ、この四次元キューブは海の底に沈みました。

管理人
※ 追記・・レッドスカルのその後なんですが、最終的にMCU第19作目「アベンジャーズインフィニティウォー」の中では惑星ヴォーミアに流れ着いてソウルストーンの力で生き延びそのストーンを監視している守護神となっていました。なんともしぶといですね。

海に沈んだスペースストーンは

70年後、ニック・ヒューリー率いる国際平和維持組織S.H.I.E.L.Dが保管します。


出典 https://love123.blog.so-net.ne.jp/2016-09-21

その後、このストーンはMCUシリーズ第4作目の『マイティ・ソー』で登場します。

このマイティソーでのエンディングで、S.H.I.E.L.D本部に侵入した、アスガルドを追放されたロキが、このスペースストーンの入った四次元キューブを盗みます。

なぜ盗んだのかと言えば、実はサノスとの取引によるもの。

アスガルドを追放されてから、ロキはサノスと接触していたのですね。

サノスはセプターと呼ばれる「マインド・ストーン」が装着された杖を、あっさりロキに渡すのですが、これは交換条件としてスペースストーンをロキに盗ませるためのもの。


出典http://home.kingsoft.jp/news/ent/getnews/2074884.html

しかし、MCUシリーズ第6作目の『アベンジャーズ』の中で、アイアンマン率いるアベンジャーズが、チタウリ軍とロキからこのストーンを取り戻し、ソーがアスガルドに保管。

その後、MCUシリーズ第17作目「マイティ・ソー バトルロイヤル」でアスガルドが崩壊。

このストーン自体がどこにあるか一時判らなくなってましたが、結局、ロキが隠し持っていましたね。どこで盗みを働いたのかは謎なんですが・・。

何故ならば、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の序盤戦で、いきなりロキが兄ソーをサノスの拷問から助けるために四次元キューブをいきなりどこからか取り出すのです。

ということはサノスは初めからロキが隠し持っていたことを初めから察していたということか、恐るべしサノス。今回はロキの子芝居にもサノスは動じませんでした。

そして、ロキの健闘空しくそのスペースストーンは採取的にはサノスに奪われ・・ロキは殺されます。ロキは本当に死んでしまったのでしょうか?

リアリティ・ストーン(カラーはレッド)


出典 avengers-avengersinfinitywar-avengersseries.jp/category13/entry24.html

スポンサーリンク


リアリティストーンはどんなパワーを持ってるのか

インフィニティ・ストーンの中でも、リアリティ・ストーンはとくに恐ろしいです。

このリアリティ・ストーンは、宇宙をビッグバン以前の状態に戻すことができるインフィニティ・ストーンです。宇宙を無にできるパワーを秘めているなんて恐ろしい限りです。

爆発などなかったことにできるのです。これ最強です。

またこのストーンは、触れたものを暗黒物質(ダークマター)に変えることができます。

ストーンというのに個体状ではなく液状で変幻自在

MCU第8作目『マイティソーダークワールド』では、液体状の兵器「エーテル」として登場。

しかし、何故このストーンだけ液状なのでしょうか。

これが液体のエーテル


出典 https://www.eiga-8.com/movienews/infinitystone/

他のインフィニティ・ストーンはどれも「固形タイプ」。

「液状タイプ」であるのは特殊です。

サノスのインフィニティガントレットには石となって装着されてますので、なんとも不思議な物質ではあります。

このリアリティストーンが最終的にサノスに奪われるまでの経緯

MCU第8作目「マイティソーダークワールド」で、

定期的に起こる惑星直列という状態のときに、エーテルの力を使い宇宙を「永遠の闇」に戻そうとしたダークエルフ(闇の妖精)のマレキスと、ソーの祖父ボーの率いるアスガルド軍が戦い、アスガルド軍がエーテルを奪います。

そしてエーテルは地中深くに封印されました。

ソーの祖父 アスガルドの王のボー


出典 http://marvelcinematicuniverse.wikia.com/wiki/File:Bor_%26_Lieutenant.jpg

遥かに時が流れ・・

地球に残してきた(ソーは1作目では地球に追放されていた)ソーの恋人地球人のジェーンが突然アスガルドに飛ばされて、エーテルを吸収してしまいます。

ジェーン役はあのスターウォーズのパドメで有名なナタリーポートマン


出典 http://samuri-blog.net/movie/4585.html

ソーは彼女を狙いに再び現れたマレキスを倒します。

そしてエーテルは、アスガルドで保管することになったのですが、アスガルドには四次元キューブが保管されていて、2つもインフィニティストーンを管理するのは危ないということに。

そしてこのストーンは、MCU第10作目『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に初登場した、アスガルドから離れたノーウェアにいるコレクターに保管を頼んで保管してもらっていました。

現在もコレクターが保管中といった形になっていましたが、そのコレクターの保管庫がその後、爆発してしまったので現在の確かな所有者は誰なのかわかりません。

コレクター


出典 https://matome.naver.jp/odai/2140602576388884301/2140603691297618003

がしかし、MCU第19作目『アベンジャーズ/インフィニティウォー』でのサノスは、あっという間にノーウェアを火の海にし何故かこのストーンを強奪していました。

コレクターもあっけなく殺されて。ソーやピーター達には幻覚を見せながら・・。

マインド・ストーン(カラーはイエロー)


出典 https://hushigikun.com/mcu-mind-stone/

マインドストーンはどんなパワーを持ってるのか

人の心を操ることが可能なストーンです。かつては、超兵器開発のために使用されてました。

このマインドストーンが最終的にサノスに奪われるまでの経緯

ロキが地球を征服するためにサノスから受け取った魔法の杖に入っているのがこのマインド・ストーンです。

そしてその杖を使ってワームルートを作り地球を侵略し、チタウリ軍と共に攻撃するのです。

ロキ


出典 https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-iw/character/loki.html

これがロキがサノスから受け取った杖


出典 https://hushigikun.com/mcu-mind-stone/

ここからはMCU第6作目『アベンジャーズ』での出来事です。

サノスは魔法の杖をロキに渡す代わりに四次元キューブを持ってこさせようとしていました。

そこでまずロキは、魔法の杖から出るワームホールを使って忍び込んだS.H.I.E.L.Dの施設に入り、そこから四次元キューブを盗み出しつつホークアイ、セルヴィグ博士などを洗脳して連れていきました。

その後は、ロキがニューヨーク市民を洗脳しようとしていたところをキャプテンアメリカやアイアンマンが現れて阻止

ロキは降参し、この杖はシールドの手に渡りました。

シールドに渡った魔法の杖は、最終的に敵が攻めてくる巨大なワームホールを閉じる為に一役買い、再びシールドに管理されることになります。

しかしそのあと、MCU第10作目『アベンジャーズ エイジオブウルトロン』で、ヒドラの残党のバロン・フォン・ストラッカーが、ロキの魔法の杖を使って人体実験をしていることが判明します。

どうやらシールド内部に潜んでいたスパイか何かが盗み出した模様です。

これを知ったアベンジャーズのメンバーはソコヴィアにあったヒドラの研究施設に乗り込み、このロキの魔法の杖を取り返しました。

魔法の杖の謎を解明しようとしたトニースタークとブルースによって、何らかの人工知能があると考え、この人工知能を宇宙人侵略を阻止する手立てに使おうと考えたその直後に、暴走をはじめ、ウルトロンという怪物が生まれてしまいます

最終的には魔法の杖に入っていたマインド・ストーンは、ヴィヴラニウムで作られた人工的な体の額に埋め込まれ、そこにトニー・スタークの召使いジャービスの人工知能を導入することでヴィジョンというキャラクターが誕生します。

ヴィジョン


出典 https://noinfo-nolife.jp/vision-avengers-1834

このマインドストーンはヴィジョンと一体化してるので、結局サノスに殺され、額のストーンはむしり取られてしまいました。ヴィジョンはもう生き返らないのでしょうか。

タイム・ストーン(カラーグリーン)


出典 https://hushigikun.com/mcu-time-stone/

アガモットの目というペンダント型になっており、その中に埋め込まれています。

このタイムストーンは、使う者に時間を操る力と無限の可能性をもたらします。

部分的に空間ごと過去に戻したり、未来視することができます。

『ドクター・ストレンジ』で初登場を果たしたのですが、

このタイムストーン・・これがX-MANでもウルヴァリンが過去に飛んで未来を修正してたように、正直この6つの中で一番最強のストーンのような気がします。

困ってしまえば時を遡りなかったことに・・なんて。


出典 https://www.bustle.com/p/doctor-strange-in-thor-ragnarok-might-be-a-bigger-deal-than-we-thought-thats-great-news-for-the-sequel-27442

人が死んだり建物が壊れたりしても、時間を戻せば簡単に元通りになってしまうのだから、このストーンは究極の最終兵器ではないでしょうか。

それに、このストーンのおかげで、ドクターストレンジは数えきれない時空を飛び回り未来を察しして最終的にサノスに勝つ方法を見つけたようですし、アベンジャーズ4が楽しみです。

このストーンは、サノスに殺されるトニースタークを助けるその代償として・・ということもありますが、サノスを倒すにはサノスにこのストーンを渡すしかないという苦肉の策のようなものがあったようですね。

このストーンも結局はサノスの手に渡ります。

パワー・ストーン(カラーパープル)


出典 http://avengers-avengersinfinitywar-avengersseries.jp/category13/entry24.html

ボール状のケースの中に入っていて、接触しただけでその星の生物すべてを消滅させることのできる恐ろしいオーブと呼ばれるパワーストーンです。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で登場しました。

現在の持ち主 は宇宙警察(ノバ軍)です。

惑星モラグに保管されていたオーブを盗み出したのが、

スター・ロードことピーター・クイルです。

オーブは接触しただけでその星の生物すべてを消滅させることができます。本作では、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』でエーテルを預けたコレクターが登場しますが、オーブによりコレクターの部屋は爆発してしまいます。

そのオーブを追っているのがロナン・ジ・アキューザーになります。

ロナンはサノスと取引をしており、サノスに「オーブ」を渡せばザンダー星を破壊してもらうというものでした。

サノスの義娘であるガモーラとネビュラの姉妹、賞金稼ぎのロケットとグルート、ザンダー星のキルン刑務所でドラッグスが初登場します。

オーブは一度ロナンの手に渡るものの、クイル達の活躍により取り返すことに成功し、そのままザンダー星のノヴァ軍に保管されます。

でも、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の時点ではパワー・ストーンはザンダー星にあったのに何故今回オープニングでサノスの元にあったのでしょうか。

つまり、サノスは「インフィニティ・ウォー」が始まる前にノバ軍を襲撃し、ストーンを盗んだということなのでしょね。

ソウル・ストーン

「魂を司る力」を持つ未だ見つかっていなかった最後のストーン。

ドクターストレンジでのカマー・タージの書庫の番人ウォンは、インフィニティ・ストーンの中で最も強力であると語っているのがこのストーン。

その力は未知数であり、未だ謎が多い最後のインフィニティ・ストーンです。

ソウルストーンを探すため、サノスはガモーラを伴いヴォーミルと呼ばれる星を訪ねます。

で、なんとそこにはあのレッドスカルが・・。


出典 https://gomadare.info/3207.html

レッド・スカルは第二次世界大戦の時代から一人ヴォーミルを孤独にさまよっていました。

見知らぬ星に飛ばされて半世紀以上・・

ソウル・ストーンのストーンキーパー(守護者)となっていました。

もともとは残虐で冷酷な性格だった彼もさすがに達観してしまったようです。

半世紀以上一人で生き延びられたり相手のことがわかってしまう謎の能力は、ソウルストーンの影響なのかもしれません。

レッドスカル曰く、

『ソウルストーンには心のようなものがあり、普段は目に見えず、試練をクリアしたもののみが手中にする』

とのことでしたので、容器みたいなものは無いわけです。

ストーンのキーパーであるレッドスカルは、

「愛する人を犠牲にしなければ手に入らない」

と語っていることから、手に入れるためには大いなる犠牲を払わなければなりません。

サノスは、自分の養子であるガモーラの命を犠牲にして手に入れ、ガントレットの小指の位置へと装着しました。

しかし、犠牲のもとに手に入れるっていっても今回はあり得ないはずの娘の命。

なんかそこまでして・・というなんともいえない怒りのようなものが個人的に湧きました。

最後に

テッセラクトのT(四次元キューブ)

ハートのH(ソウルストーン)

エーテルはAether(エーテル)

ネックレスのNecklace(アガモットの目)

パワーストーンのOrb(オーブ)

スペースストーンのScepter(ロキの杖、ヴィジョンの額)

この6つの頭文字をくっつけると・・

「THANOS」になります。 サノス・・恐るべし。

この6つのストーンを奪ってしまったサノス。

そしてアベンジャーズのメンバーも多数消えてしまいました。

これからの希望はアントマンとキャプテンマーベルなんでしょうか。

最後のリック・ヒューリーのポケベルに映ったロゴはキャプテンマーベルのそれでした。

宇宙の生命の半分が消されたことで次回作のアベンジャーズ4が待ち遠しくなりますよね。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする