アフリカが超クールブラックパンサーはマーベルの中で一番かっこいい

『ブラックパンサー』MovieNEX予告編

『シビル・ウォー/キャプテンアメリカ』で鮮烈なデビューを飾ったブラックパンサーが新型スーツを引っ提げて帰ってきました!今回は単独主演となります。

父ティ・チャカをテロによって失った彼は、その犯人を探して復讐を果たすという執念にとらわれた、いうなればダークヒーロー的な側面が強調されていたこのシビルウォーでのイメージは完全に今作品で払拭されたのではないでしょうか。

映画ブラックパンサーは10年にわたってシリーズを展開してきたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)18作目にあたるヒーロー映画です。

アイアンマンから始まったMCUもそんなに月日が経ったんですね。あれは2008年ですからもう10年もの間、こんなにもハラハラドキドキさせるシリーズもありません。

18作も出来て、2019年なんかキャプテンマーベルという女性ヒーローまで誕生しちゃうんですから、とにかく凄い。凄すぎます。

で、このブラックパンサーは、あのタイタニックの全米興行収入を抜き、全世界累計興行収入はなんと13億ドル。歴代第3位となるスーパーヒットとなりました。

正直、マーベルヒーローとしては異質なストーリーなのでどうかなと思ってたのですが、蓋を開ければ、いやぁ、めちゃくちゃ面白かった!

フューマニズムに飛んで感情移入のしやすいヒーローものに仕上がってて、個人的にはマーベルの中では一番のお気に入りヒーローとなってしまいました。

ライオンキングの人間版といった感じです。



出典 https://blog.goo.ne.jp/luckyhillson/e/a3069ce93496f511c92e2268b85c0fbf

黒人文化を積極的に劇中に取り入れた、非常に内容豊かな映画となっていますので、最後まで感情移入でき、物語に入り込んで見れる力作となったと思います。

色々な葛藤に悩みながら、ワカンダ国王として、自国と黒人社会を守る覚悟を決めていくブラックパンサーのティ・チャラ

そしてこのワカンダにはあのキャプテンアメリカの盾の原材料となるヴィブラニュウムという鉱石がありそれを守るためチャラは他国との闘いから自国を守る役目を担っています。

このヴィブラニュウムは地球最強の鉱石であります。あのトニーの父のハワードが発掘し偶然作り上げたあのキャプテンアメリカの盾。やはり文句はつけられないでしょう。

そしてそのチャラをサポートするその妹のワカンダいや世界一の技術力を開発するシュリ

そしてその妹を優しく見守る兄とその兄を頼りにしている二人の兄弟仲は見るものを癒してくれます。羨ましい限りの兄弟愛であります。

彼の革命戦士たるその姿にカッコよさを感じたし、また境遇に共感できるキルモンガーというヴィラン(敵キャラ)を作り出したアイデアも秀逸です。

そんな久々にかっこいい超クールはヒーローブラックパンサーの感想とキャラクターやあらすじを紹介します。※ここからはネタバレが入ります。ご注意ください。

スポンサーリンク


ブラックパンサーの感想

物凄くかっこいい!これまでのマーベル映画とは異質でありながらとにかく感動する名作となったと思います。なんどもいいますが超クールです。

キルモンガーの境遇にも共感しチャラの思いにも共感でき、善悪問わず、どちら側の気持ちにも感情移入できる良き映画となったのではないでしょうか。

アフリカの小国、ワカンダの伝統文化と最新テクノロジーが融合した世界は、独特な雰囲気がありますね。独特なアフリカの雰囲気は最高です。

そういえばこの映画では、ヴィブラニュウムの鉱脈がワカンダにあるということなのですが、実はキャプテンアメリカの盾の材料がこのヴィブラニュウム。

アフリカ大陸には、近代的な統治機構や、ヨーロッパに先駆けてインドと交易を行うなど、歴史的に豊かな文明が複数存在していたことは知られています。

本作で紹介される、アフリカ各国の伝統的な仮面は、マーベルの覆面ヒーローの起源のようにも見えて面白いです。いや実はそうなのかもです。

アメリカに連行されたアフリカ人たちは、そんな祖国のアイデンティティーと切り離され、自由や誇りを奪われた奴隷となったのですね。実に悲しい歴史ではあります。

アフリカ系アメリカ人に共通するのは、過去の悲しみと現在の差別問題への意識です。

なので本作に登場するワカンダ王国は、アフリカ系アメリカ人にとってのルーツへの憧れや、手に入れて然るべき文明の象徴として描かれています。

本作はヒーロー映画として、マーベル映画のなかで最も意義深い作品の一つになったのだと思えるのです。

キャラクター紹介

 ティ・チャラ(ブラックパンサー)


出典 https://www.cinra.net/column/201802-blackpanther

主人公のティ・チャラ(ブラックパンサー)はワカンダ王国の国王。

産出される世界最強の鉱物ヴィブラニュウムを悪用されないために、ブラックパンサーとして国民を守る責務を背負っています。国を守るため、対外国への守秘義務には忠実です。

スーツを装着するとこんなダークヒーローっぽいのですが・・


出典 http://mamegyorai.jugem.jp/?eid=3615

正義感が強くて、常にワカンダのことや家族のことを考える、強くて優しい性格の持ち主で、国民からの支持も厚いのです。

しかし、様々な葛藤の末、国王としての使命以上に、黒人世界の平和のためにも尽力を尽くすことを世界に向け誓うようになります。

ブラックパンサーの能力はいくつかの能力で複合的に構成されていて、人間としては最高レベルの身体能力の高さと、ワカンダに古くから伝わる希少なハーブを取り入れることでパワーを引き出します。

ティ・チャカ


出典 http://avengers-avengersinfinitywar-avengersseries.jp/category10/entry20.html

先代のブラックパンサーであり、ティ・チャラの父。

1992年、ヴィブラニュウムの守秘を強固するあまり、弟ウンジョブを殺します。

ズリにもこのことを口封じさせたことで、そのウンジョブの息子キルモンガーを路頭に迷わせワカンダへの復讐に走らせてしまった罪は大きいのです。

ナキア


出典 https://marvel.disney.co.jp/movie/blackpanther/character/nakia.html

ティ・チャラの幼馴染で元恋人。

チャラにとっては良き理解者でもあります。

ワカンダの秘密を狙う外敵の情報を入手するため、そしてワカンダが世界から隔絶しないように、スパイとして世界各国に潜入しているのです。

シュリ


出典 https://twitter.com/mondocomics2013/status/959456096648773633

期待以上のキャラクターでしたね。愛くるしくそれでいて逞しい。

16歳のワカンダの王女であり、国王ティ・チャラ、つまりブラックパンサーの妹。

ブラックパンサーのスーツも製作する天才的頭脳を持つキャラクターです。

そしてなにより、このシュリとティ・チャラとの仲睦まじい関係。ティ・チャラとシュリの間にはものすごい愛があります。兄弟愛が半端なくでてて羨ましい限りですね。

チャラは、いつでも妹シュリの面倒をみていて、守っている感じがしました。

それと同時に、妹が兄によくやるように、シュリがティ・チャラをからかったりもするんですよね。だけど、シュリは兄のことが大好きなのでしょう。

トニー・スタークよりも賢い知性を持つとは将来有望なホープではあるので、
ロバート・ダウニーJr.の後を継ぐMCUのフェイズ4以降の科学者としても活躍してくれるのではと期待してしまいます。

オコエ


出典 https://marvel.disney.co.jp/movie/blackpanther/character/okoye.html

ワカンダ国王へ忠誠の限りをつくしている親衛隊ドーラ・ミラージュ

その中でも最強の戦士と謳われて現隊長を務めているのが、このオコエです。

オコエは一見冷たい印象を与えるのですが、国と国民を誰よりも愛しています。

ワカビ


出典 https://www.eiganohimitsu.com/5050.html

ティ・チャラの親友にして、オコエの恋人。ワカンダの国境警備隊のリーダーがこのワカビ。

ティ・チャラのアドバイザー的な存在ではあるのですが、ちょっと不器用で、権力に動かされやすい性格なのではないかと個人的に感じました。

後半意見の違いでぶつかり合い、ティ・チャラに背中を向けて反旗を翻してしまうのですが、最後には降伏します。

ウンジョブ


出典 https://ameblo.jp/caffeelmo/entry-12360556768.html

ウンジョブは兄ワカンダ国王のティ・チャカの弟なので、王位継承権を持っていました。

その昔、ワカンダは世界中にスパイを送り、世界の動向を探っていて、兄であるティ・チャカが王位を継ぎ、ウンジョブはアメリカでスパイ活動を行っていたのですが・・

任務の中で虐げられるアメリカでの黒人の境遇を日々目の当たりにし次第に思想が過激化していきました。

その結果、アメリカでの黒人弱者に武器を持たせてその立場を向上させようと、ワカンダ王国の国策に反してユリシーズ・クロウと内通し、ヴィヴラニウムを盗ませました。

一緒に住んでたズリが実はワカンダから仕向けられたスパイだと知った衝動でズリを殺そうとするのですが、ズリを庇ったティ・チャカに殺害されます。

ユリシーズ・クロウ


出典 https://marvel.disney.co.jp/movie/blackpanther/character/ulysses-klaue.html

ワカンダの秘密を知り、ヴィブラニウムの密輸を企てる武器商人

そういえば、2015年『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』で、ウルトロンの求めに応じて登場しているんですね。

ワカンダで採掘される、ヴィブラニウムを使用して完璧な身体を手に入れようとしたウルトロンは、激昂して彼の左腕を切り落としています。

義手である左手には、エネルギー波を発砲するソニック・ブラスターが備わっていました。

そして本作では、失われた左腕に武器を装着してブラックパンサーと対峙します。

ズリ


出典 https://marvel.disney.co.jp/movie/blackpanther/character/zuri.html

現在はワカンダ王国でシャーマンとしてティ・チャラの善きアドバイザー役を務めています。過去にティ・チャカからウンジョブを監視する任務を与えられていました。

その任務のおかげでウンジョブの内通行為(クロウと組みヴィブラニュウムを盗み出す行為)が発覚するのですが、同時にキルモンガーの悲劇とワカンダが起こした隠ぺいをも引き起こしてしまうのです。

エリック(キルモンガー)


出典 http://jp.ign.com/black-panther/22818/feature/

今回の作品では、共感されまくりの続編作ってほしいくらいいいキャラだったこのキルモンガー。チャラよりも好きなキャラクターとなってしまいました。

父親ウンジョブをワカンダの国王ティ・チャカに殺された恨みを持っています。

父と共にアメリカで生活し、父が殺されてからは悪の道に進み、アメリカの秘密工作員となり、武器の密売などに手を染めながらも、ワカンダの王座を密かに狙っていました。

ティ・チャラら王族を憎み、復讐を志すようになりワカンダと戦うことを誓うのです。

エムバク


出典 https://marvel.disney.co.jp/movie/blackpanther/character/mbaku.html

部族のために戦う国王チャラのライバル。

ワカンダにありながら、長い期間ワカンダ王家と距離を置いてきたジャバリ族のリーダー。

ワカンダの首都ゴールデン・シティから遠く離れた山奥に棲む。

孤高で乱暴ではあるが本当は優しい・・山賊を束ねる頼もしいゴリラのようなすごく好きなキャラクターです。ほんとクライマックスでの彼はほんといい奴です。

クライマックスでのバトルではシュリ達がピンチに陥った時、ウホウホと雄たけびを上げながらエムバク率いるジャバリ族が援護に現れるシーンはもう最高の一言です。

エヴェレット・ロス


出典 https://marvel.disney.co.jp/movie/blackpanther/character/everett-ross.html

「キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー」でエージェント13の上司として登場。

CIAの捜査官でシビル・ウォーでの一件からティ・チャラとは顔なじみでした。

元空軍のパイロットで操縦の腕前はなかなかのもので、ワカンダの秘密を知った数少ない人物です。戦いに参戦しなんとか食らいついていくその姿、好感が持てていい感じです。

ブラックパンサーのあらすじ

パンサーの神から与えられたハーブでブラックパンサーに

遥か何百万年もの昔・・

宇宙で一番頑丈な物質、ヴィブラニュウムで出来た巨大な隕石がアフリカ大陸に落ちてきた。

やがてアフリカには人類が誕生し、五つの部族が移り住みその地をワカンダと名付けた。

その後、暫くは部族間の争いは続くのだが、ある時一人の戦士が、パンサーの神バーストからハートの形をした神秘のハーブを与えられた。

そのハーブのおかげで超人的な強さ、スピード、洞察力を手に入れ、戦士は国王となる。

こうしてこうしてワカンダの国王であり守護者ブラックパンサーが誕生する・・・。

そして4つの部族はこの国王に忠誠を誓うのだが、ジャバリ族だけは人里離れた山に籠る道を選んだ。

そしてワカンダはヴィブラニュウムを使って先進技術を手に入れ、目覚ましい発展を遂げたが、その一方で世界は混乱の時代へと突入していく・・・。

ヴィブラニュウムを守るためワカンダの国民は隠れて生きる道を選んだのである。

1992年にワカンダを裏切ったウンジョブは

1992、カリフォルニア・・

ワカンダ王ティ・チャカが訪れたのは、武装計画を画策中の2人のいるアパート・・。

この2人の内の片方はワカンダの国王ティ・チャカの弟王子ウンジョブだった。

ティ・チャカは、ワカンダの極秘鉱物ヴィブラニュウムが武器商人クロウに盗まれた原因がウンジョブだと知ってアメリカの彼の元にやってきたのだ。

実はこのウンジョブがヴィブラニウムの情報を横流ししてたのだった。

ヴィブラニュウムを対外国に渡ってはワカンダの平和は乱れる・・。なので決して流出は防がなければいけないのだ。

では、何故そのことがワカンダに知れてしまったのか?

それは、もう片方の男、ウンジョブを監視するため送り込まれてた同国のスパイのズリによって暴かれたものだったのである。

チャカはウンジョブに連行を命じる。しかしズリにウンジョブは銃を向けた。

そしてズリを庇うチャカによって殺された。一人息子キルモンガーを残して。

そして現在のワカンダでは

そして現在・・ティ・チャカの死によりティ・チャラが即位した。

そして、チャラは近衛兵長オコエと、元恋人のスパイ、ナキアを任務先から連れ戻す。

目的は父の葬儀への出席の依頼である。

スポンサーリンク


そして彼女たちに加え、母ラモンダ、妹シュリも見守る中、戴冠の儀が行われる。

その儀とはブラックパンサーとしての力を抜いてから各部族に挑戦を問うもの

儀礼通り4部族は平和のためには戦わないとし辞退するが、最後の1部族のジャバリ族のエムバクが乱入してきた。

しかし、その挑戦をチャラは買い、見事降伏せしめる。

ハーブを飲み、砂に埋められ、亡き父と出会うのだった。

何をすべきか父にチャラは問う・・・

チャラ国王の初仕事はヴィブラニウムを守る任務

英国博物館からヴィブラニウムが強奪された。

謎のアメリカ人エリック、その恋人、そして武器商人クロウが犯人である。

一報、部族長会議で・・

クロウが盗んだヴィブラニウムをアメリカに売ろうとしているということが判明する。

国境族長ワカビ(オコエの恋人)はクロウに両親を殺されており、チャラの活躍に期待を寄せていた。チャラはワカビの敵を討つためクロウの首をもってくることを約束する。

チャラは卓越した技術研究者である妹シュリから新型スーツを受け取り、取引場所の釜山へ。

オコエ、ナキアを連れ、研究室で待機しているシュリもサポートに回る。

スポンサーリンク


釜山でヴィブラニュウム争奪戦始まる

地下カジノでCIAロス捜査官と出くわしてしまう。

ロスはこのヴィブラニュウムを欲しがっていた。

チャラ達にとってはやっかいな相手である。それにロスはまだチャラ達の国がヴィブラニュウムを産出している国だとはこの時点ではわかってなかった。


出典 https://www.pinterest.jp/pin/210402613823889933/

ロスはクロウとヴィブラニュウムの取引をするが、クロウの手下が多く、罠の気配が濃厚。

その中、オコエが見つかってしまい戦闘に。

逃げ出すクロウをカーチェイスの末、チャラは捕まえる。

シュリの遠隔操作で車が勝手に操縦されるテクノロジーを駆使


出典 https://ciatr.jp/topics/116742

ロスはチャラとヴィブラニュウムの縄張りを主張し、ワカンダに手出しさせないよう尋問に当たるのだが、クロウは後進国と思われているワカンダの先進性を説き始める。

つまりヴィブラニュウムがワカンダ製だとロスに教えるのだ。

驚きを隠せないロス。

転瞬、壁が吹き飛ぶ。冒頭の一味がクロウを奪還。

追うチャラはエリックの指に自分と同じ指輪が嵌っていることに気づく。

さらにロスがナキアを庇い脊髄損傷。

チャラは禁とされるワカンダ技術で彼を救ってしまうのだ。

逃げ切ったクロウだったが、エリックが突然全員を射殺。虫の息のクロウに、ワカンダへ向かうことを告げ、下唇にあるワカンダ人の印を見せる。

チャラ達、ワカンダに戻る

本格的な治療のため本国にロスを連れ帰るチャラ。その戦果の乏しさにワカビは失望する。

チャラはエリックの指に自分と同じ指輪が嵌っていることをズリを問い詰める。

ズリは話始める。

1992、ズリを庇いチャカはウンジョブを殺したと・・

ウンジョブは、兄チャカの命令で、国を代表するスパイとしてアメリカに滞在していた。

そして、チャカはズリウンジョブのスパイになるように命じた。気づかれぬよう彼を監視しろと。チャカはウンジョブを信用していなかったのだ。

ウンジョブはアメリカ女性と恋に落ちて子供を授かる。それが、後のキルモンガーである。

そして腐敗した社会に耐えかね、過激な思想を抱くようになるのです。秘密裏に技術流出を進めるようになっていくのです。

息子キルモンガーは、兄チャラになんの処置もなされず父の死体と一緒に放置された。

チャラは衝撃を受ける。

エリック(キルモンガー)、ワカンダに侵入

一方、エリックが国境に侵入する。国境族ワカビにクロウの死体を差し出す。

治療から起き上がったロスは、エリックを殺人狂の傭兵キルモンガーで現在は工作員をしているアメリカ人だという。

部族長会議に連行されたエリック(キルモンガー)。


出典 https://theriver.jp/bp-killmonger-last-scene/

一緒にいたワカビが指輪を見せ、王家を継ぐ資格があることをチャラに告白する。

そしてエリック(キルモンガー)はチャラに王位をかけ”挑戦”するのだ。

エリック(キルモンガー)は戦いの寸前にズリも殺す。

そしてそのことで動揺したチャラは正気を失い敗北、滝底に投げ捨てられる。

チャラ亡きあと、ナキア達はエムバクに未来を託そうと

母と妹、それからロスをナキアが逃走させる。

ナキアはオコエも誘うのだが、王座に忠誠を誓うオコエは残ることにする。

エリックはハーブを飲み、父と出会い、王に即位。

残るハーブを焼き払うが、一つだけナキアが奪う

ナキアたちはそれをジャバリ族のエムバクに飲ませようと思い立ち、


出典 https://marvel.disney.co.jp/movie/blackpanther/character/mbaku.html

彼に会いに行くが、そこには仮死状態のチャラがいた。

チャラにハーブを飲ませる。夢の中で、先祖の罪を責め、彼は復活する。

ずっと外の世界に背を向け、秘密を知られることを恐れることの間違いを正すため彼は復活したのだった・・。

正義から逃げず、この事実にケリを付けるためチャラは復活した。

チャラがハーブのエキスで復活、そして決意する

エリック(キルモンガー)はヴィブラニウムの武器を各国スパイの手を通じて弱者に輸出しようとしていた。

その輸送機が墜落し、中から現れたのはチャラ(ブラックパンサー)。


出典 https://cinemarche.net/action/blackpanther-2/

国境族と衝突。

一方、オコエは叛旗を翻し、近衛兵はエリックに対峙。

エリックもまたブラックパンサーとなる。シュリ、ナキア、ロスは技術局に侵入。

シュリとナキアは武装し戦場へ・・


出典 https://theriver.jp/bp-shuri/

ロスは戦闘機を遠隔操作して輸送機を撃ち落とす(元空軍パイロット)。

国境族は近衛兵に優勢になるが、ジャバリ族の乱入で形勢逆転する

オコエはワカビと対峙し、ワカビは降伏。エリックは近衛兵、シュリ、ナキアを圧倒。

地下でチャラと対峙し、辛くもチャラが勝利する。

胸を刺し貫かれたエリックは、父の語る夕日の思い出を吐露する。

チャラは彼を地上に連れ出し、夕日を眺めながらエリックは息をひきとる。

そしてチャラは即位し直し、世界に向け技術輸出に力を注ぐ。

ブラックパンサーに登場する天才シュリの開発品は凄い

ティ・チャラの妹のシュリは天才科学者の設定です。そのシュリの作るものは目を見張るものばかりなのです。

ブラックパンサーの新型スーツは凄い

今作では従来のスーツをカスタマイズした新型スーツに様変わりしました。


出典 http://noaidea.me/ブラックパンサー-キルモンガー.html

元々ブラックパンサーのスーツは、世界一固い物質ヴィブラニウムと呼ばれるワカンダの貴重な資源を生地に織り込まれています。

キャプテン・アメリカの盾にも使用されているその特殊な物質を全身に使用しているので、その耐久性は弾丸をも弾き飛ばすほど高い。

ですので最強なのですが・・・

しかしその更に上を行くカスタマイズで変身する時でも一瞬の隙も与えないのが、シュリの才能がふんだんに詰まった新型スーツとなりました。

新型スーツはナノサイズになって首飾りに収納することができ、頭の中で起動を命じるだけで瞬時にスーツを体に覆うことができます。

首飾りさえあればいつでもどこでもブラックパンサーに1秒で変身することができるのです。

これには宇宙刑事ギャバンもびっくりです。

そして弾丸など受けた攻撃をエネルギーとして吸収することができ、一定量までチャージすると、そのまま波動として放出することができるのです。

その新型スーツは紫ががったものです。


出典 https://joshuascience-movie.com/2018/03/06/post-278/

遠隔操作で車が動くなんて凄い!

遠隔運転システムのカーチェイス。こんなことできたら

この遠隔操作のシュリの運転で現地の車が動く・・そしてそれに乗って滑走するブラックパンサー。このシーンは最高にかっこいい。

これだったら飛行機だろうが、住居だろうが、遠隔で移動可能ですね。

シュリが開発したシューズはある映画からヒントを


出典 https://trendskywalker.blog.so-net.ne.jp/2014-08-19

シュリが、ティチャラに渡す新しいシューズ。

それはヴィブラニウムを用いたもので、衝撃と音を吸収するシューズです。

それをシュリは「スニーカー」と呼んだんですが、このシューズは自動で履かれるシューズで、彼女が幼い頃に父ティチャカから見せられた映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」からのヒントであると共に、亡き父への敬意が込められているんですね。

最後に

結局、最高にかっこいい!戦い方とかマーベル映画でも上位に入るぐらいかっこよかったです。最後の演出も最高!

国際会議の席で「小さな農業国から何が学べるんですか?」の問いにチャラのニヤッてする顔がかっこよすぎです!チャラのこの笑顔・・憎いほどかっこいい!

国王として、「革命家」キルモンガーを打倒したブラックパンサー。

次回作があるのであれば、一体どんなヴィランと今後戦うのでしょうか?非常に楽しみです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする