ムーミンの最終回は核戦争後の地球だった 


出典 https://www.pinterest.jp/pin/305681893449228031/

現在、核戦争を扱った映画や作品が実に多いですね。

終末思想の一番の原因として核戦争はやはり避けて通れないものなのでしょうか。

暗い世相や現実を癒すための絵本や作品であるはずのものが実は恐ろしい原案の元に作られたものだったとしたら怖いですね。

今回はかわいいキャラクターのはずのあのムーミンを取り上げたいと思います。

テレビアニメでは絶大な人気を誇り今なおファンが多いこのムーミン。

しかしこのムーミンのストーリーには恐ろしい都市伝説があるようです。

スポンサーリンク


ムーミンの最終回の世界は核戦争後の地球 ムーミンとは

わたしたちがテレビや原作の童話で見ていたムーミンは確か「妖精」だったはず。

私が見た可愛いキャラクターで、美しいムーミン谷に住むムーミン、スナフキン、ミー、といったとっても愉快で個性的なキャラクターが登場していた人気アニメでした。

ムーミンの原作者はトーベ・ヤンソン

第一作の「小さなトロールと大きな洪水」は1945年に発刊されています。

原作では、ムーミンは「トロール」という名で登場していました。

トロールとは本来、北欧の妖精の一種です。

このムーミントロールは、トーベ・ヤンソンが独自に創造した架空の生物。

とってもほのぼのとして子供に大人気の作品ではありましたがその作品の裏の設定があるとしたら・・そう都市伝説です。

実はその都市伝説では、ムーミンたちがいる世界は

「核戦争後の地球」だというのです・・・。

ムーミン谷は、核戦争によって滅亡した後の世界だというのです。ムーミンはもともとカバ。

なのに放射能を浴びて突然変異で知能を持った生物にあったのだとか・・。

そう、ミュータントだったという話です・・。

ムーミンが世に出たのは1945年です。

1945年ってのは、広島、長崎に原爆が落とされた年です。

だから、作者はこの出来事によって核の世界を予言してムーミンを作ったのかもしれません。

ミュータントを扱った作品といえば・・

ムーミンがミュータントだとしたらそれでの外見がかわいければまぁそれはそれで問題はないとは思いますが、如何せん外見そのものがグロだと、どうも引いてしまいますね。

過去にはミュータントを扱った映画でこんなのがありました。

それは続猿の惑星です。


出典 http://tigerdream777-no.blog.jp/archives/66700350.html

猿の惑星は人間の核戦争で崩壊した地球で猿が人間の代わりに生息していたというストーリーで、非常に衝撃を受けたものです。

人間が核戦争を行い人類が死滅しその数千年後には核爆弾を神と仰ぐミュータントが生き延びていたというおぞましいストーリーなのですが、これほどの恐ろしさを抱えた物語ではないにしろ、ムーミンにはまことしやかに語られた裏ストーリーが存在してるようです。

ムーミンの最終回の世界は核戦争後の地球 ミーの悲劇


出典 i0.wp.com 

そしてまた愛すべきキャラクターの一人、あの小さな女の子のミー。

彼女は核を逃れた数少ない人類・・。

鋭い観察力を持ち、生意気な性格に見えるのは、実は相当年を取っているからだとか。

ミーは大量の放射線を浴びてしまいその影響で成長が止まってしまったのです。

ミィは核戦争で両親を亡くし、

そのショックで記憶も、年を取ることも忘れてしまった・・

だから心は当時のまま・・

だから当時のままの幼児行動をとってしまうのです。

悲しい少女・・

なので自分の不幸を吹き飛ばすような元気で負けん気の強い行動をとってるのです。

ムーミンの最終回の世界は核戦争後の地球 スナフキンの過去


出典 tasogarekowai.c.blog.so-net.ne.jp 

そしてスナフキンも人気キャラクターの一人・・。

彼は退役軍人でミーと同じに人類の生き残り。

彼の裏設定は・・

スポンサーリンク


なぜかランボーのように元々いた部隊の生き残りを探しているのだとか・・。

ドラマの中では、悟りを語ったり哲学的な言葉をつぶやいたりしてますが

その理由は生き残りを探していたのですが、

いつの間にか

それをやめるようになり亡くなった部隊の人たちの墓参りを

自分の役目と感じて旅を続けるようになるのです。

ムーミンの最終回の世界は核戦争後の地球 ムーミンたちの冬眠の訳

アニメの最終回、ムーミンが冬眠するんですが・・

この最終回の裏設定が実は恐ろしいものなのです。

この冬眠は何を表しているのかというと、

核の冬です・・。

ムーミン谷が冬になって雪が降ってムーミンらのトロールたちが

冬眠に入るというのが本来の設定のはずなのですが

核戦争が起こったあとに温度が下がってしまい

みんな死んでしまう、裏設定が、あるのではと言われているのです。

核兵器を乱用して大気には灰や煙が何年もの間充満しているのです。

当然、日光なんて遮られてます・・。

そして・・・

降ってくる雪に関してはただの雪ではなく

核戦争後の影響で環境異変がおこるといわれている

氷河期の始まり・・

を意味してると考えることができるのです。

ムーミンの最終回の世界は核戦争後の地球だった 日本のムーミン谷

ムーミン谷って実は日本にもあるらしいのです・・。

場所は山形県山形市、国道348号線と山形新幹線が交差する所。

名前の由来が怖い・・・

その由来とは・・

『ムーミンのぬいぐるみがつるされていた』というもの。

この正式名称は美畑架橋というそうです。

この都市伝説ではその付近の家がツタで覆われ

ムーミンの家に似てるとか

その場所のトンネルにムーミンの影が浮かび上がるとか・・

心霊とはまた違った怖さがありますね。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする