『AKIRA』世界的ヒットの理由は科学者達が注目した四次元空間にあった


出典 livedoor.blogimg.jp 

『AKIRA』が世界でヒットした訳 アインシュタイン相対性理論

ストーリーのクオリティとか絵が凄いとか

アメコミの原点だとか言われてるこの作品・・。

しかしヒットした理由の裏側には実は

相対性理論が絡んでるとしたら・・。

なぜアインシュタインが人生の最後に

舌をだした写真をとったのか・・。

不思議だとは思いませんか?


出典 pbs.twimg.com

アインシュタインは相対性理論を説いた人です。

この理論は空間理論です。

この理論を適用すると、

ある一定の光の速度を超すと空間そのものがゆがむのだとか。

そして固い鉄とか床とかも曲がるのです。

ということは空間なんてあってないようなものなのです。

そのようなことを説いたばっかりにアインシュタインは

この世の果てを見てしまいました。

この世の果てって一体なんなのでしょうか?

『AKIRA』が世界でヒットした訳 人類の進化の過程の発明

人間の進化していく過程で

100年周期で物事は変わっていき発明されていくんです。

最初は二足歩行から始まり火を使うようになり100年ずつ進歩していくのですが

まず近年・・・19世紀の発明といえば蒸気。

蒸気を使い始めてイギリスでの産業革命が起き

20世紀にはができました。

核を作り出すことでエネルギーを作ることに成功しました。

これって、すごいことで太陽を作ることができるようになったのです。

そしてその過程で遺伝子組み換えで

クローン人間を作り出すことができるようになるのです。

そして21世紀・・

これからの100年今後なにが開発されたらこの世界は変わるのか・

スポンサーリンク


『AKIRA』が世界でヒットした訳 反重力から起こる四次元空間

それは反重力というものが発明されると世界は変わるそうです。

反重力が世の中に出るようになると車も浮くし電車も浮く

でもそんなことが反重力の目的ではありません。

この地球の存在も空間があってないようなもの・・・。

そして物質は分子と分子が結合してくっついてるもの。

ではこの空間で反重力どうしを結合させたらどうなるのか?

なんと四次元空間ができるのです。

反重力の生み出される目的・・それは四次元空間を作り出すことだったのです。

で、それを初めて『AKIRA』が世に公表したのです。

実際原作で、AKIRAは手のひらの中で空間を作ってるんです。

それって実はビックバンなんです。

それは宇宙の始まり・・

それを作りだしたのです。

そう、AKIRAは手と手の間で宇宙の空間を作り出したのです。

そして人間が思い描いたものは実現されていく時代が

いずれやってくるのです・・。

『AKIRA』が世界でヒットした訳 科学者達に注目されたから・・

そしてそれを初めて大友先生は絵にしたことにより

アメリカのアニメ好きが食いついたのではなくて

実は科学者たちが食いつきました。

いずれその時代がくると・・・

人間はいずれ自分の手の中で宇宙を作れるようにいずれなる訳です。

そうすると人間は太陽も作れる人間自体も作れる・・。

ということは好きな自分と気が合う遺伝子だけを組み替えて

人間を作り出すんです。

そして四次元の中で星を作るんです。

そしてその中に人間たちはおのおの入り込む・・

するとどうなるのか・・・

地球表面には誰もいなくなるのです。

人は誰もいなくなるのです。

そんなこの世の果てを見たアインシュタインは

人間の身勝手な愚かさに舌をだしたのです。

つまりはこの世は誰かが作った四次元空間なのかもしれませんね。

最後に

AKIRAをもう一度U-NEXTで見てみませんか?

U-NEXTは日本最大級のビデオオンデマンド。

映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで充実!

スマホで1000ch以上の音楽放送も楽しめる!電子書籍も読める!

PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどで今すぐ

「観て」「聴いて」「読めて」楽しめる新しいエンターテイメントサービスです!

今ならビデオ見放題が31日間無料でお楽しみいただけるキャンペーン実施中!





スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする