天才物理学少年の警告 パラレルワールドをCERN(セルン/欧州原子核研究機構)が破壊か


出典 webensoku.com

CERNがパラレルワールドを破壊中で宇宙は滅亡する?

素粒子物理学の世界では現在、ある少年の発言が話題となっています。

マックス・ローハン君13歳・・・

天才少年マックス・ローハン君

1600円で空気中の電磁エネルギーを集めて直流電流に変換するという

フリーエネルギー装置を自作し世界から注目された天才物理学少年。

時折世界にはこのような異端の少年が現れるのでしょうね。

で、そんな少年ローハン君がジュネーブにある素粒子物理学の

総本山のCERN(セルン/欧州原子核研究機構)に対して

警告をしているのです。

天才少年マックス・ローハン君の警告の内容とは

彼はCERN(セルン/欧州原子核研究機構)が研究を行っている

パラレルワールドという並行世界について警告しています。

CERNが現在もっとも近くにあるパラレルワールドを破壊した

可能性が高いと主張してきたのです。

異次元空間のパラレルワールド・・・

そんな空間が破壊って・・なんかそんな仮説、

それを考え出すこと自体、一般人にはなんなの?という感じですがねww

素粒子物理学の最近の研究結果では・・

素粒子物理学の最近の研究では無限に多数の空間つまり

多次元の空間があることが指摘されていて

それぞれの多次元空間が相互的に干渉したときに

人々には並行世界のパラレルワールドに移動してしまった

方の現実が記憶されてしまうという事があるというのです。

スポンサーリンク


このことは以前私も書いたのですが

その事態の効果を『マンデラ効果』と呼んでるのです。

マンデラ効果が起こった可能性と結果について

ローハン君はそのマンデラ効果について持論を述べています

ローハン君は無限にあるパラレルワールドは絶えず生み出されて

その中には神が存在するものもあると語ったのです。

また無限にあるパラレルワールドには

逆に神が存在しない宇宙や神が強力な力を持つ宇宙もあるのだとか・・

まさにスターウォーズの世界なのです。

CERNのパラレルワールド実験

世界最大の加速器の

大型ハドロン衝突型加速器(LHC)によって

ビッグバンの再現やブラックホールの生成といったこと目的とした

陽子高速衝突実験などなんとも壮大な規模の実験を繰り返してます。

これって・・

あまりにも大規模すぎて、そして非現実すぎて、

それにあまりに一歩間違うとなんとも

我々人類にとっては想像を絶する出来事をもたらす危険をはらんでるのです。

そして今回そのような危惧を13歳の少年ローハン君が警告してるのです。

まぁ、この少年だけでなく一部の研究者からも以前から非難はあったのでしょうがね・・

最後に

我々が知る由もない所で数式の論理の実験として行われています。

異次元空間、パラレルワールドの立証のための実験の数々・・。

でもそれはパラレルワールドの破壊、いや宇宙の崩壊に繋がるものなら・・

実に怖い話ではあります。

【関連記事はこちら】

→ マッカーサーの謀略 フリーメイソン都市伝説

→ エヴァンゲリオンと『フリーメイソン』との関係

→ 『フリーメイソン』と坂本龍馬の密接な関係



スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする