「デッドプール2」でアベンジャーズ3のサノス役のあの俳優が登場!

デッドプール2予告編

2018年6月1日はデッドプール公開日でした。

しっかりと映画館で見てまいりました。いやぁ、今回も早速、腹抱えて笑っちゃいましたね。

だって、何故か敵役があのサノスを演じたジョジュ・ブローリンなのですから・・。


出典 https://www.amazon.co.jp/dp/B07CG1R3DH

アベンジャーインフィニティウォーだけでも飽き足らずそのチャレンジ精神は素晴らしいの一言であります!とまぁ、それも驚きましたがなによりこの続編。前作を超える面白さ。

おしゃべりで可愛くて毒舌、そしてハチャメチャアクション満載で前作を超えたスケールと面白さでやられちゃいました。

映画ネタをふんだんにこれでもかとねじ込んで暴走したしゃべくりがとにかく出てくるわ、出てくるわ。 私、特に4DX鑑賞だったので笑いと揺れでくたくたになってしまいました。

2016年の脅威の世界的ヒット、どぎついアクションとトークの連続でR指定の映画にもかかわらず最高封切記録を樹立したデッドプール。

全世界でなんと7億5000万ドル以上もの興行収入、日本でも20億円の大ヒットをあげたこのデッドプールがまたまた帰ってきたのです。

デッドプール2予告編

そんなめちゃくちゃ面白い今回のデップー2のキャスト・あらすじ解説・感想を紹介していきます。

※ここからは完全ネタバレです。ご注意ください。

スポンサーリンク


キャスト紹介

デッドプール(ウェイド・ウイルソン)


出典 https://consequenceofsound.net/2017/04/deadpool-2-receives-summer-2018-release-date/

ローガンが死んでおいしいところをもっていかれ不貞腐れ気味のヒーローです。

かつては腕利き兵士で特殊部隊にいたウェイド(デッドプール)は引退した後、フリーの兵士として日銭を稼いでいました。恋人は売春婦のヴァネッサ。

しかし、彼女との幸せな時間を過ごすウェイドに突然の不幸が襲ってきます。全身にガンが転移し余命わずかとなってしまったのです。

恋人の為、延命を望み人体実験施設に侵入し不死身な肉体と驚異的な治癒能力を手に入れて自前のコスチュームでデッドプールとなりました。

おしゃべりでジョークがすきなお調子者。自分を俺ちゃんと呼びます。

今回は未来から来たケーブルの行動がきっかけで超人たちを募集し(適当なオーディションでありますが)オリジナルのもろパクリ同然のXフォースなるものを結成してリーダーシップを発揮するのかしてるのか・・よくわかりません。

ヴァネッサ


出典 https://gigazine.net/news/20180208-deadpool-meet-cable-trailer/

デッドプールの恋人です。というか一応婚約者なのでしょうね。でも今作では殺されます。

娼婦だったのですが、ウェイドと知り合い意気投合し、またデッドプールに変身した彼に助けられてからラブラブ状態に・・。

ウェイドを正義のヒーローになるように色々と助言し背中を押してる存在なのです。

今回はデッドプールを自堕落な生活から救い出し、いい奴になるように後押しをする重要な役割を担ってます。

ケーブル


出典 http://www.hollywood-news.jp/news/movie/78170/attachment/78170_josh_brolin_2/

おお!なんとアベンジャーズインフィニティウォーのサノス!いやいや今回はXフォースのケーブルですね。この映画に引っ張って登場させるのはほんと凄いですよ、ライアン様!

身体を機械化して死に至らしめる恐ろしいウィルスを注入されターミネーターもどきのような姿になってしまったこのケーブル。登場シーンもまさにシュワちゃんを彷彿しております。

彼は妻と娘を失くしてしまい未来からタイムトラベルをしてデッドプールを脅かすのですが、現代に来た目的はラッセル暗殺。ジャガーノートとラッセルを抹殺するためにデッドプールのXフォースと結託しようと企みます。しかし最終的には意外な展開に・・・。

ファイアーフィスト(ラッセル)


出典 https://www.ciamovienews.com/2018/03/Deadpool-2-X-Men-Ryan-Reynolds-New-Trailer.html

両手から火の玉を放つミュータント少年。孤児院で暴れてデッドプールとともに刑務所入りしてしまうのです。

ケーブルに命を狙われてしまうのですがデッドプールに最終的に助けられます。

ラッセルが悪の道に進むと未来に悲惨な事件を招くことから彼の魂を救うことがこの映画全体のテーマとなっているのです。

ドーピンダー


出典 https://tr.twipple.jp/h/44/d4/前作xデッドプール2.html

デッドプール曰くこの映画のブラックパンサーなのだそうです。

デッドプールのご用達のタクシー運転手です。

いつまでもタクシーの運転手でいるつもりはなくヒーローになる野望は大きいです。

またインドなまりの英語を話すので、デッドプールとの会話は噛み合いません。

今回は最終場面でミュータント施設の管理人?をタクシーで引いて撃沈させる重要な役割を持っています。

コロッサス


出典 http://ja.marvel.wikia.com/wiki/コロッサス/ピーター・ラスプーチン(アースTRN414)

X-MANに登場するミュータント。前作に続いて登場致します。

全身を生体金属でコーティングする一種の変身能力を持っています。そしてその実力はハルクなどの怪力キャラにも匹敵します。

コロッサスとジャガーノートの巨人対決は迫力満点です。

人柄は気が優しく力持ち。だから人望が厚い。デッドプールに抱き着きつかれお尻をさわられるほどに人望が厚いのです。

デッドプールにおけるコロッサスはX-MANからの使者として登場します。彼はデッドプールをX-MANに招くためにやってきました。他のX-MANは快く思わなくても彼は本気です。コロッサスはデッドプールを監視しウォーヘッドの指導役も兼ねてるのです。

ドミノ


出典 https://memorylane-media.com/deadpool2

デッドプール曰くこの映画のブラック・ウィンドウ

彼女はやたらと運がいいのです。

Xフォースオーディションも運のみでの採用。

デッドプールが結成した新チームのXフォースの紅一点で運を操るといった特殊なパワーを持つミュータントです。

ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド


出典 https://www.frc-watashi.info/negasonic-teenage-warhead-notstudenat

X-MAN所属のレズビアンミュータント

一作目から登場している爆発力NO1の反抗期ガール。

原子力エネルギーを肉体とその周辺に集めて爆発させる。前作よりは成長してるのでしょうが相変わらず性格は反抗的なティーンエイジなのです。

YUKIO/忽那汐里


出典 https://twitter.com/maro_sama/status/989671734788816897

ユキオはウルヴァリンSAMURAIに出ていましたね。

ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッドの恋人です。一応凄腕の暗殺者。

ウォーヘッドの小脇にいる可愛い女の子ってイメージです。今回はデッドプールへの挨拶がキュートなマスコット的存在といったところでしょうか。

ブライド・アル


出典 https://realasteroidcowboy.blogspot.com/2017/07/2_19.html

盲目の老人。ウェイドが元住んでた所の同居人。憎まれ口をたたきあう仲なのですが落ち込んだウェイド(デッドプール)が転がり込んでくると優しく慰めるのです。

このなんともかわいいウェイドを見よ。


出典 https://realasteroidcowboy.blogspot.com/2017/07/2_19.html

あらすじ


出典 https://cinemore.jp/jp/erudition/307/

前作は涙を誘いそして切れ切れアクションもありと素晴らしいストーリーをみせてたのにも関わらず今回のウエィド(デッドプール)は恋人のヴァネッサとの幸せな生活が戻り、日々のお気楽な傭兵稼業をしながら絶好調であります。でもそんな安定した生活が彼を自殺願望満載にしてしまったのでしょうか?

なんと映画の冒頭からデットプールは生きる希望を失い自殺願望を抱いています。

『LOGAN/ローガン』(17年)の中でローガンが死んでむやみにハードルを上げたことへのボヤキから始まり「俺ちゃんも死んでやる」なんて言い放ち自らの命を安く扱うようになってメチャメチャな生活を送っていたのです。


出典 https://withtheater.com/deadpool2/

とはいうものの、そんな彼の生活にも悲劇が訪れます。なんと恋人ヴァネッサが自分と戦ってた暗殺者の一人に殺されてしまい失意のどん底に落ちるのです・・。

そして失意の中、デッドプールは自らガソリンで火をつけ爆破し粉々になります。しかしその後、前回関わりを持っていたX-MENのコロッサスにたすけられるのです。


出典 http://www.looper.com/76934/colossus-role-will-continue-grow-deadpool-2/

どうやら他のX-MANチームの反対をよそに彼だけは何故かデッドプールをチームに入れたいようです。X-MANチームには前作同様にネガソニック・ディーンエイジ・ウォーヘッドがいます。そしてコロッサスはデッドプールを前作同様X-MANに勧誘します。

むりやりX-MANに加入させられたデッド。そしてX-MANとしての初仕事としてミュータント看護施設で虐められていた最強パワーを秘めた少年ラッセルの反乱を阻止しようとコロッサスと共に出動したのですが・・

正義の為なら手段を選ばないその手法が災いして少年と一緒にミュータント刑務所アイスボックスに入る羽目になってしまい、挙句の果てにはその少年を刑務所から救うどころかあっさり見放してしまいまうのです。

しかし一方、そんなデッドプールの日常を脅かす強敵が現れます。
その強敵とは未来から来たターミネーターのパクリのような殺人マシーン人間のケーブル。


出典 https://twitter.com/dairedheart/status/909973122282954753

また自分を見捨てた自己中のデッドプールにラッセル少年は激怒し新たな巨大ミュータントジャガーノートと結託します。

今までさんざん虐められてきた看護施設に復讐すると計画するのです。少年はほっとくと狂暴化してしまいます。阻止しなければ永遠に悪の道に突き進んで行くのです。

少年ラッセル


出典 https://www.polygon.com/2018/5/19/17361668/deadpool-2-kid-firefist-actor-julian-dennison

そしてこの刑務所アイスボックスには未来からタイムトラベルしてきたケーブルが侵入しラッセルを殺そうとします。ここでデッドとケーブルが初対決をします。

何故ラッセルを暗殺するのか問うデッドにケーブルはラッセルが未来に自分の家族を殺したこと、だから過去に来て子供時代のラッセルを殺しにきたということを話したのです。

スポンサーリンク


しかし何故か戦いの最中に刑務所が爆破し脱出できたケーブルとデッド・・。

その後デッドプールは死んたはずのヴァネッサとシンクロしていたのですがお互いの心の壁シールドに阻まれて彼女のところに行けない・・。

エヴァンゲリオンみたいなシーンでありました・・。

彼女の心を開けば彼女のところに行けるのに・・。でもなぜか彼女はデッドプールの心が変わらなければ自分のところに来させない模様です。

よしこうなったら自分の心を変えるしかない!

デッドプールは彼女の為にもいい奴になることに決め一度は見捨てた少年を復讐という悪の道に進ませないように救うことを決めたのです。

しかしデッドプールは一人ではとてもケーブルとは戦えそうにありません。

そこでアイスボックスに入ってるミュータントたちが護送される情報を聞きつけその日にラッセルらを救出すべく、特殊能力を持ったメンバーを集めて最強鬼やばチームXフォースを結成するのです。

急遽、オーディションを開催。しかし集まるメンバーの凄いこと。


出典 http://buzz-plus.com/article/2018/04/22/dead-pool-peter/

素人さんからあの元祖Xフォースメンバーべドラムシャッタースターやらツァイトガイストやらカメオ出演のみではありますがバニシャー役でブラッドピットやら・・

と有名どころと素人同然なメンバーが勢ぞろいし、そのメンツが大活躍するのかと期待するものならXフォースのメンバーはパラシュート着地失敗でほとんど退場。

残ったメンバーはデッドプールとドミノのみ。レイノルズさん、やりましたね。

そしてデッドはスクーターを拾って護送車を追跡、そしてなぜかドミノはもう護送車にのってるし、その護送車にのってるラッセルとジャガーノートは逃げ出すし・・・

護送車の現場から一度は退散しアルの家に集合していたデッドプールチームではありましたが、その後ケーブルが何故かここの居場所を調べやってきてラッセルを暗殺したいがジャガーノートを倒すには一人ではできないのでデッドたちの力を借りたいと共闘を申し出てきました。

しかし共闘はしてもいいがラッセルは殺せないとデッドプールはいいます。

しかし二人はとりあえずジャガーノートの暴行を阻止するため一時共闘するのです。

そしてコロッサスにも共闘を呼びかけ最終決戦に突入します。

しかし共闘しててもラッセルを暗殺したいケーブルとラッセルを守りたいデッドプール。ラッセルの流れ弾がラッセルめがけて飛んできた瞬間デッドは自らその流れ弾にあたって負傷し、そして息をひきとるのです。ラッセルは流れ弾に当たらず命を救われました・・。

さようなら・・デッドプール

といいたいのですがなぜかそれで終わりにはなりません。

その捨て身の行動にラッセルは改心し、そして死んだデッドプールは恋人ヴァネッサから死後の世界にきたらダメだといわれ生き返ります。ケーブルも片道分のタイムトラベル装置のエネルギー燃料を使い時間をずらし流れ弾からデッドを守るよう細工をします。

そしてコロッサスも含めて新しいチームとしてみんなでこれからも悪とたたかうチームとしてみんな仲良くハッピーエンドを迎えるのです。

デッドプール2の感想

今回は前作以上のギャグトークやバトルアクションを盛り込んでいて主役のライアン・レイノルズ演じるデッドプールもとにかくカッコよくますますキュートになっております。

前作を見たあの軽快なノリとスピード、テンポは昔みたオースティンパワーズを彷彿する、いやそんなレベルではないくらいの出来であり満足度は100%の出来でした。

前作はシリアスでもありストーリー性もあったと思いましたが

いやぁ、今作はやってくれましたね。

今回のこの2作目。なぜかオープニングから唐突な登場の仕方で行き当たりばったりなストーリー進行。流れの空気も読まずエディマーフィーばりにしゃべり倒すデッドプールがかなりうっとうしかったです。

だって最初からデッドは無気力全開で毒舌全開。ローガンが死んだから僕ちゃんも死んでやるだのもう散々おもちゃのように滅茶苦茶に扱う始末なのですから・・。

それに、なんかですね、このデッドプール2には敵役って見た限り存在してませんでした。

ケーブルというターミネーターもどきのマシーン人間が登場するのですが、普通に考えてデッドプールとは敵となって戦うというシナリオを期待するわけなのですが、その期待もむなしく2人はいつの間にかあらぬ展開になってしまいます。

前作同様、マーベルヒーローのどこかパクリが多い感は当然あるのですが、だからと言って決してマーベルヒーローものの落ちこぼれ的な立ち位置ではなく、それを逆手にとって毒舌全開、シュールさ全開の爽快さは他の追随を許さないものがあると思います。

なのでこの映画がヒットした要因として、

ガンになりそして顔に酷い傷を負ってしまう悲劇のヒーローでは終わらないタフネスさが今回の2では存分に発揮されてることから、

この厳しい人生を笑い飛ばし最後には打ち勝つという爽快感が見る人に共感を生み出したのかもしれません。

でもその観客の共感すらも軽く煙に巻いてしまうほどのデッドプールの面白さって・・

とにかく凄い映画ですよ。

デッドプール2のおもしろ場面を紹介

Xフォース結成と同時に隊員全滅!


出典 https://www.cnn.co.jp/showbiz/35119470.html

あのX-MANに登場するXフォース部隊をデッドプールは作っちゃいます。

完全にパクッておりますがもうそんなの気にしてません。

Xフォースってウルヴァリンが結成した裏X-MAN的チーム。その中のメンバーであったデッドプール・・。なのでXフォースに出演していたメンバーも登場してくれてます。

ベドラム、シャッタースター、ツァイトガイスト・・

このアイデアはさすがライアンと言わざるをえませんね。自分がウルヴァリンZEROであまり評判が悪かったことを逆手にとってやってのけた快挙に脱帽です。

しかし当初はライアンの企画には驚いたでしょうね。

フォースのキャラクターが、登場するや次々に死んでいくのですから・・。

Xフォース結成し飛行機の中で集結したメンバー。

ミュータントの少年ラッセルを助けるため、Xフォースのメンバーは飛行機からラッセルの乗る護送車を襲撃します。

しかし当日はあいにくの強風、パラシュートが風に煽られてメンバーは次々と着地に失敗。ベドラムはバスに轢かれ、シャッタースターはヘリコプターのプロペラに巻き込まれ、ツァイトガイストは粉砕機に飛び込み、彼を助けようとしたピーターは酸性のゲロで顔面を溶かされ、透明人間のバニッシャーは電線に引っかかって感電死するのです。

で、このピーターって一般人のおじさんです。

しかしいくらなんでも無謀すぎやしませんか。


出典 http://buzz-plus.com/article/2018/04/22/dead-pool-peter/

エンドロール途中は絶対見逃し厳禁!

MCUでは、エンドロールの途中やエンドロール後にサービス映像が流れることが恒例になってますよね。

今回のエンドロール途中での展開は最高におもしろかったので紹介します。

タイムトラベル装置がネガソニックとユキオの手に

物語終了後すぐにネガソニックとガールフレンドのユキオが何かを直しているところからスタートします。

何を直しているのかと言えばケーブルが劇中で未来から現代に来たときに使用したタイムトラベル装置です。このケーブルの所有していたタイムトラベル装置のおかげでデッドプールは死の淵から蘇るのですが、勝手に持ち出していいのでしょうかね。

「直った!」

という2人は部屋の外から現れたウェイド・ウィルソンにタイムトラベル装置を渡すのです。

ウェイドの目的は過去の時間軸に戻り自らの過ちを直すことなのです。そんな落ちを最後にもってくるとは憎いですね、ライアン様!

タイムトラベル第一弾 ヴァネッサ救出大作戦

タイムトラベル装置を受け取ったウェイドはヴァネッサが銃で撃たれる前の場面に戻ります。

劇中ではウェイドが自宅に乱入してきた武装集団の1人を仕留め損ねていたために反応が少し遅れたことでヴァネッサに流れ弾が命中してヴァネッサは死んでしまいます。

デッドプールは手に持っていたナイフを最後の1人の敵に投げつけます。結果的に敵が銃弾を撃つよりも早くナイフは命中したことでヴァネッサに被害が及ぶことはなく過去の自分の過ちを正すことが出来ました。

おぉ、殺されずに済んだではありませんか・・。

今回はその過去の過ちを正すためにウェイド自身がヴァネッサが撃たれる直前の状態までタイムトラベルし、敵が銃弾を放つ前に仕留めることで防ぎます。

しかし、しかしですよ。なんでエンディングまできて愛の恋人ヴァネッサは死なずに生き残るというタイムパラドックスを生じさせなければいけないのでしょうか(笑)でもそんなことはこの映画ではどうでもいいのでしょうね。

タイムトラベル第二弾 ピーター救出大作戦

ピーターは劇中ではパラシュートで降下したときに唯一無事に着地することが出来たキャラクターでしたが、その直後に近くにいたツァイトガイストを救出しようとしたところを強酸を浴びて死んでしまいます。

そこでタイムトラベルでその直前に戻ったデッドプールは看板に引っ掛かりながらも無事に着地しているピーターに帰るように命令するのです。

デッドプール「お前はもう帰れ」

ピーター「え?いいの?実はすごい怖かったしこれで離脱するよ」

これでピーターはデッドプールのタイムトラベルのおかげで命を取り留めるのです。

タイムトラベル第三弾 ウェイドをウェイドが倒す

そして更に『X-MEN』シリーズ最初のスピンオフのワンシーンにタイムスリップ。

ウルヴァリンの目の前にいるのは口を封じられたウェイドウィルソン。

これは『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』の作中でウルヴァリンとウェイド・ウィルソンが戦闘する際の場面です。

ウェイドはこのときの自分自身を自分で倒すことでウルヴァリンとの無駄な戦闘をなくしつつ過去の自分を切り捨てたような場面でした。

ライアン・レイノルズはデッドプール役で登場するのですが、口が縫われてしまい大不評を買いました。なのでライアンにしては封印したいシーンなのでしょう。

ここにウェイド・ウィルソンことデッドプールが現れてウルヴァリンの目の前で口を封じられたウェイドウィルソンに銃弾を浴びせて倒します。

タイムトラベル第四弾 グリーンランタン抹殺

ウェイドは最後の仕事として「グリーンランタン」と書かれた台本を眺めるライアン・レイノルズに対して銃弾を撃ち込んで亡き者にします。

ライアン・レイノルズ自身としてはこのおまけ映像に「グリーンランタンに出る前の俺を自分で倒したんだから続編にも出すなよ」という強い気持ちが現れていそうです。

最後にデッドプールの魅力

他のヒーローなら絶対無理な言動もデッドプールならできちゃう

ということとダーティで、道徳的な善悪の立ち位置もあまりはっきりしていない、というより始めからないようにも見えます。

だからこそ、みんなに共感してもらえるのかなとも思います。

それに今回は居心地のいい場所から一歩を踏み出すこと。

彼女の後押しひとつで

今まで自分勝手だったウェイドが、

ヒーローの歩むべき“進化というものを受けいれて

なんと誰かのために戦うんだからね。世界や銀河を救う……

みたいに大げさじゃないところが、デッドプールらしいのですが。

DVD情報

ケーブル役のジョシュ・ブローリン、ユキオ役の忽那汐里など新たなキャラクターが参戦したこのデッドプール2!

運を操るセクシーなドミノほか新キャラ大増量! デッドプールを演じるのはもちろんライアン・レイノルズ! 見逃せないデッドプール2をぜひAmazon.co.jp限定ブルーレイで楽しみましょう!

【Amazon.co.jp限定】デッドプール2 ブルーレイ版スチールブック仕様 [Blu-ray]

新品価格
¥11,570から
(2018/9/25 08:44時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする