【都市伝説】アノニマスが人類に警告 彼らは心優しきハッカー集団なのか


出典 http://blog.esuteru.com/archives/8070325.html

アノニマスは弱い市民の救世主なのか

ネット上に存在する国際的なハッカー集団として知られているアノニマス。

ハッカーとは、コンピューターやシステムに侵入したり、攻撃したりする人たちのことをいいます。

そしてこのアノニマスは、政府や組織のネットワークに侵入して情報を流出しているハッカー集団です。2003年ごろに形成されたといわれています。

彼らの手にかかれば、メール、金融取引、クレジットカード情報、国家機密ですら何もかもが流出される・・

何もかも筒抜けなのだというから実に恐ろしいですね・・。

スポンサーリンク


企業や政府が裏でしている悪事等があったらそれを暴き出したり、

世界の不正を暴き公開したり、

抗議運動をネット上で積極的に行ってたりと、

彼らがハッキング(サイバー攻撃)をおこなうのは宗教・政治に対する抗議活動がメインです。

だからそれだけを考えたら一応、大衆の市民にしてみれば救世主のような感じなんでしょう。

でもハッカー攻撃なので個人に降りかかることがない前提で考えないとなんとも恐ろしいことです。

アノニマスには特定のリーダーは存在しません。

作戦への参加・不参加は自由で、また誰でも参加することができます。

彼らは表に出る際、揃いの仮面を着用します。

これは、2006年公開の映画「Vフォー・ヴェンデッタ」主人公「V」

(モデルはガイ・フォークスという歴史上の人物)が着用しているもの。

V フォー・ヴェンデッタ (字幕版)

新品価格
¥1,500から
(2018/3/5 17:02時点)

人類に向け警告とメッセージを配信

このアノニマスという集団。

人類への警告メッセージをYouTube上で配信しています。

過激なことを言ってるわけでなく、まぁ、我々人類が

そうだよね結局・・と思うことなんですが。

まったくもって過激性はなくなるほど・・と納得してしまう内容です。

で、これがそのメッセージ動画です。

メッセージの内容

エリートは世界を牛耳っているということ

この世の中は欲が深いエリートが作った世界であるとアノニマスは語ってます。

エリートって誰?と思うかもしれませんがそれは国の政府組織でも秘密結社

フリーメイソンとかイルミナティとか・・・


引用 https://neet-the-world.com/show-business-news/smap-001/

それと1%の富裕層そのすべてを含めてエリートと言っていいのではないでしょうか・・。

その世の中のエリートだけが富を築き、そしてそのエリートはそれ以下の人間を家畜のように扱い、貧乏人から金を搾取してまたお互いを争わさせ競争させて

お金の無駄遣いをどんどん促進させて、そしてそのような管理社会を作ってることを貧乏人に気づかされないように洗脳してるのですね。

こうしてエリートたちはある一部の人間しか成功できない経済システムを作りあげたのです。

人間はもともと動物的で本能で生きていたものの、進化の最終段階で高い知能を取得しましたが、動物的本能はまだそのまま人間の行動に影響を与えているらしいのです。


引用 http://media-pickup.com/science/20140912/humans-could-be-in-the-middle-of-a-huge-evolutionary-transition-read-more-httpwww-businessinsider-comfuture-human-evolution/

人も動物のように群れる意識があります。

群れから外れる者を敵対視し争いごとを生んでるのです。

そして縄張り意識もあり、強い性欲、所有欲、エゴ、があります。

そんな人間の欲を利用しエリートは自分たちの財産や地位を守り

高みの見物をしているのです・・。

子どもの教育に目を向けろということ

次に教育について語っています。

学校は18までほとんどの子どもが過ごすところですが、

そこは子どもを洗脳する場所だとアノニマスは言ってます。

もともと子供の頃って社会にある意味守られて

才能も豊かで好奇心豊富で好きなことが出来て・・

とにかく生き生きとしていますよね。

そして好きなことを集中して一日それに没頭してても

飽きずにやり続けてるじゃないですか。

ほんとその好きなことを追求させて

やり続けさせたらきっとすごい人間になる可能性は高いはずですが

エリートたちはそれを望まないんですね。

スポンサーリンク


なので学校では子供に課題をたくさん与え忙しくさせて

個性をださせないように仕向けみんなに同じような無駄な知識を与えて

社会に出るころには

家畜として完成させられるのです・・


引用 http://seichikustory.hamazo.tv/e3516282.html

エリートたちによって

作られた世界の中で生きてそれがすべてだと思いながら・・

で、自分がその作られた狭い世界に入っているにもかかわらずに

それを理解できないほど洗脳させられてしまっている・・。

なので学校を通して教えられたことがすべてだと洗脳されてる人は

確実に社畜となり不幸になるとアノニマスは言ってるのです。

人間は自分で意識して行動し好きなことを見つけ追求しなければ自分を見失います。そうなればエリートの格好の奴隷となります。

人間をそのようにさせることがエリートの好む社会なのです。

だから自由に好きなことができないようにエリートたちは子供を洗脳してくるのです。自由で創造性のある人間なんてエリートたちは欲しくないんですよね。

忙しくちゃんと働いて何も考えずにそしてなんの生き甲斐も知らず

ただ物事を復習して学習してくれるだけの真面目な人が欲しいんです。

じゃなきゃ世の中コントロールするエリートたちは大変な訳です。

テレビ等のメディアでの洗脳に気を付けろということ

テレビは人間を洗脳させる最高のツールです。

テレビには3つの役割があるそうです。

一つ目は人間を真実から目をそらさせる役割です。

人間の注意を散漫させるため画面の中で作られた世界を眺めさせ

現実を見ないようにさせるのです。

二つ目は間違った方向に向けさせる役割。

実際の出来事に目を向けないようにわざと事件を起こして特定の敵を作って

それがあたかも本当に悪いように仕向けるのです。

マスメディアってその典型ですよね・・。

三つめはエリートが一般市民を扱いやすい人間に洗脳する役割

いらないものに金を使わせる行為なんてそれです。

世の中に情報やら娯楽をたくさんまき散らすんですよね、エリートは・・

アノニマスらが言うにはテレビやスポーツや映画、ゲームそのすべてを提供する訳は人間の真実から目をそらさせる為らしいです。

エリートが仕向ける3S政策に人類が気が付けということ

戦後日本に導入された3S政策ってご存知ですか?

これは政治や世の中の出来事に関心をむけさせないようにするための政策。

これはスクリーン、スポーツ、セッ〇スのSなのです。

これらを使ってエリートは一人一人に違いを生ませようとするのだそうです。

みな人間一緒なはずなのに

人種や宗教や学歴や仕事や給料・・

それに見た目や社会的地位や・・

そういうものを産ませて貧困層と中間層の間で争わせたいのです。

そうすることで富裕層は下層市民から攻撃されず

上から高みの見物ができるのです。

最後にアノニマスの解決方法として伝えたかった事

一人で考える時間を作ってもっと意識的に行動するべき

自分の意識で生きること・・だと言ってます。

そして周りと仲良くしていくこと人間同士争ってもなにひとついいことなんてないんですよね。

人間って事の本質以外で言い争ったり戦ったりを繰り返し学習しない生き物なんですよね。

なのでそんなことを意識して人間はいきなければと警告しています。

なんかものすごく納得するメッセージのような気がしますね。



スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする